GALLERY APAってこんなところ!

絵画が展示してある、ちょっと敷居が高そうに感じるギャラリーを、覆したいGALLERY APAのブログです。是非、遊びに来てくださいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

水野誠司さん、初美さんにインタビュー!

9月17日(火)


またまたすごい台風でしたね。
みんさん、大丈夫でしたか。


今日はとっても清々しい一日でした。
実は誠也(赤ちゃん)の初宮参りに行ってきました。
こんな良いお天気に恵まれて良かったです!!
記念写真も撮ったのですが、
私の父も主人の父も早くに亡くしているので、
淋しいですね。。。。。
でも、代わりにあやめちゃんが一緒に
家族写真に入ってくれました!
なんか、笑えます。。。。。



さてさて、今日は水野誠司さん、初美さんにインタビューをいたしましたので、
是非読んでこれからも応援して下さいね!!


質問1 APAはお二人にとってどんな場所でしたか?

挑戦と出会いの場所でした。
毎回、展覧会の前はプレッシャーとの戦いです。
とにかくその時々で、私たりができる一番のものを出そうと
必死でした。それは今も変わりません。
APAで作品を発表していく過程で、私たちも作家として少しずつ成長してきたと思います。
また、APAを通じてコレクターの方、他の作家の方とたくさん
知りあえました。今でもつながりが途切れずにあることが
嬉しく、制作を続けていく上でも励みになります。




質問2 6月〜7月にかけて、名古屋市美術館で
企画展を終えて、何が見えた?

「壁」です。
今のままではダメだという危機感をいだきました。
特殊な写真のプリント技法やフィンランドという
話題性に頼るのではなく、アートとしての価値の高いものを
つくりたいと思いました。




質問3 今後、新たに挑戦したいことは?

現代の人から求められる必然性のある
作品を作るということ、ただし、
それは単に一過性の流行に乗るのではなく、
世紀をまたいでも陳腐化しないイメージであることが
とても大切だと思います。
そして、国内にとどまらず海外のアートマーケットでも
本物として認められる作品を目指します。






質問4 APAのブログをよんでくださってる方にメッセージを!!

APAの見美さんと出会えて、とても運が良かったと思います。
それがきっかけとなって、作家としての作品を
発表することができました。
ここからスタートしてどこまで行けるのか、
行けるところまで行ってやろうと考えています。
次の発表の場で、皆様とお目にかかれるのを
とても楽しみにしつつ、日々の制作に務めます。



水野さんありがとうございました!!
私は写真を扱ったことがなかったので、
APAのお客様は、写真が好きな方が見えるのか
心配もありました。でも、良いものは良い!!!
本当に私も、知り合った時間は短いけれど
とても中身の濃い関係を結ぶことができて幸せでした。

これから、もっともっと素敵な作品をつくり続けていきます。
是非応援よろしくお願いしまーす!!!



あ、私は元気ですが、
同居はかなり難しい。。。。
みんな、上手くやってるのがすごいなあ。。。。。。






スポンサーサイト

テーマ:アート - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/09/17(火) 00:06:03|
  2. その後
  3. | コメント:0
<<みずほ文化小劇場ができる!! | ホーム | あいちトリエンナーレ行きたいな。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。