GALLERY APAってこんなところ!

絵画が展示してある、ちょっと敷居が高そうに感じるギャラリーを、覆したいGALLERY APAのブログです。是非、遊びに来てくださいね!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東邦ガスと父のこと

3月13日(火)



今日も晴天に恵まれて気持ちいいですね!
でも、風が強いから寒く感じるけど。。。。。



今日は東邦ガスリビングさんの受付の作品交換の日です。


DSCN9200.jpg

前回は、アイオーさんのレインボーカラーの作品を
展示していましたが、今回は、
オーストラリアの作家、カレンクンツさんの作品です。




カレンクンツさんは、APAで2回個展をしておりますが、
2回目は、先代社長(父)の他界した月で、
不幸にも会期中に重なってしまい、残り3日間ぐらい
早く終了していただいたと思います。
なぜなら。。。。。
わがままな父の遺言で、『葬儀はAPAから見送ってほしい』と
父の記録ノートに図まで書いてありました。


DSCN9222.jpg


本当に最後の最後まで自分で
自分の人生をコーディネートする人でした。



カレンクンツさんの作品を見ていたら、
なんか、あの時の光景がうっすらとですが
よみがえってきたので、ちょっと書きたいと思います。




私としか接していない方には、
父の存在を知らない人の方が
大半だと思います。
本当にユニークで、アイデアマンで、
心のあつーーーい人でした。







2003年1月17日、
私が父のために作った応援歌「ス-パーマン」
それと、父が病院の病室から
お見舞いに来てくださる方の
笑顔の写真を1冊の写真集にまとめたものを
父にプレゼントしたところ、
その曲、行為に共感してくださった方が
出版記念パーティーを企画してくださいました。

でも、父の体調はあまり思わしくなく
会の途中で緊急でガンセンターに戻ったのですが。。。。。



DSCN9221.jpg

その日~次の日にかけて
三途の川を渡ろうかさまよっていたそうです。


『800年に一度の光景だからよく見るんだよ。』と
老婆に言われたそうです。


絵のように、カスリの着物を着た子供たちが
お花畑で楽しそうに遊んでいて、
空からは、本物の金、銀が振り撒き
ゆっくりと速く動く白龍(絵の蛇みたいなもの)


父は川の向こうへ行こうと思ったのですが、
800年に一度の光景ならカメラにおさめたいと思い
カメラを取りに戻って、目が覚めたそうです。

もしその時にカメラを持っていて、
川を渡っていたら。。。。。







記録ノートは5月8日でストップしています。

DSCN9224.jpg


明後日が私の結婚式。
それまでの体力づくりを病院でしてくれていました。


その13日後の5月23日に59歳で他界しましたが、
APAを本当に愛していましたね。





今年4月でAPAも20周年。
なんとか続けてこれたのも、
父の時代に支えてくださった皆さん、
今の私を見て、応援してくださっている
皆さんのおかげです。
本当に本当に、ありがとうございます!!



20周年記念展は、4月13日(金)~5月13日(日)に
開催いたします。


父のコレクションしている作品。
バブル期時代の価格に疑問を抱いている私がいます。
今のこの時代にあった価格で
皆様にご提供できるように考えています。

是非、ご期待ください!!!




今日の内容は、なんなんだろう。。。。。
ま、いいや。。。。(~_~;)








スポンサーサイト

テーマ:アートイベント - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/03/13(火) 00:06:03|
  2. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://galleryapa.blog68.fc2.com/tb.php/674-a8b9bccf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。